浮世絵で見る江戸・亀戸

第1回 亀戸梅屋舗〜その1

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:天神なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

どっちがオリジナル?

こんにちは、大江戸さん。文化部の天神です。今度都内版で「浮世絵で見る江戸・亀戸」っていう企画を始めるんですけど「そういう企画なら、まずは大江戸さんに聞いてこい」ってウチのデスクが言うもんですから、整理部の方へお邪魔したっていうワケです。それにしても、大江戸さんって変わった名前ですね。なんかの芸人みたい。

それは江戸屋猫八のことか?失礼なヤツだな。キミだって売れない演歌歌手みたいな名前じゃないか。ワタシはこう見えても忙しいんだよ。キミと付き合ってる時間なんかないの。さぁ、帰った、帰った。

まぁ、そう言わないで。タダでお話を聞こうなんて思ってませんよ。デスクが「蔵三さんの好みだから探してこい」って言われて、これを苦労して見つけてきたんですよ。

おおっ、これは「香露」の大吟醸じゃないの!熊本酒造研究所、協会9号酵母発祥の蔵だよ。いやぁ、これが飲みたかったんだよ。キミも生意気なだけかと思ったら、結構いいとこあるじゃないの。ところで、何を聞きたいんだっけ?

「浮世絵で見る江戸・亀戸」っていうテーマです。江戸時代の浮世絵には亀戸の名所がたくさん描かれているから、当時と現在の姿を比較して紹介してみようっていう企画です。

ははぁ。亀戸の浮世絵ねぇ。まぁ、それならこれが代表作だろうなぁ。(机の中をガサゴソ探し始める)ああ、あったあった。「亀戸梅屋敷(写真左)」ね。それともう一枚、これも「亀戸梅屋敷(写真右)」だ。

あれぇ?同じ構図だけど、右側の絵って浮世絵じゃないですよね。油絵みたい。それに、両側に下手くそな漢字が書いてあるし…。

下手くそな漢字って、キミねぇ、これはかのゴッホが描いた作品だよ。時価ン億はするだろうなぁ。

またまた〜、いくらワタシがものを知らないからって、ゴッホが亀戸を描くなんておかしくないですか?江戸時代に日本に来てたなんて聞いたことないし。

あのねぇ、いくらゴッホが有名だからって、ゴッホがオリジナルとは限らないだろ。これはゴッホによる模写なんだよ。左側がオリジナルで、歌川広重の連作「江戸名所百景」の中のひとつだ。

へぇ〜、ゴッホが浮世絵を真似したなんてビックリ。でも広重って普通、安藤広重って言うんじゃないの?

安藤は本姓だけど、広重は号、つまり本名とペンネームがゴッチャになったような呼び方だから本来は姓名共に号で呼ぶのが正しい。本名で呼ぶなら安藤鉄蔵、重右衛門とか徳兵衛と名乗ったこともある。

鉄蔵って、なんか絵描きさんらしくない名前よね。それはそうと、ゴッホってオランダの人でしょ?どうして日本の広重の浮世絵を真似したわけ?

ゴッホが生まれたのは1853年。嘉永6年、広重が56歳の時だ。この年に日本では天地を揺るがす大事件が起こったんだ。ペリー提督率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊の来航、いわゆる「黒船来航」だな。その後、日本の鎖国が解かれて海外貿易が復活すると、日本から絹織物や陶器なんかが欧米に輸出されるようになった。そんな中で、1865年にフランスのブラックモンという画家が、日本製陶器の包み紙に使われていた『北斎漫画』を友人たちに見せて回るんだ。

えっ、北斎マンガって、その頃からマンガがあったの?


あのねぇ、そうじゃなくて、北斎のスケッチ集というか、弟子の為に描いた絵のお手本集のことを『北斎漫画』っていうの。気の向くまま、漫然と描いたから「漫画」と称したわけ。なんかキミと話していると話が横道にそれてイカンなぁ。でもって、その『北斎漫画』にヨーロッパ人たちは激しいショックを受けるわけ。

ショックって、何か変なものが描いてあったの?ああ、そうか、何かで聞いたことある。凄くヤらしい絵が描いてあったんでしょ。

確かに北斎や歌麿の春画も国際的に有名だけど、そうじゃなくて、『北斎漫画』には小さな生き物から日用雑貨に至るまで、描線だけで一瞬の動きや生命力が的確に表現されていて、極東の島国には恐ろしいデッサン力を持った天才がいるということになったわけ。

へぇ〜。ただの包み紙だったのに、有名になっちゃったのね。


それから徐々に、日本では下火になって、紙くず同然になっていた浮世絵が、ヨーロッパでは美術品として高値で取引されるようになっていくんだ。そして1867年のパリ万博に日本が初めて参加してから、この時は江戸幕府、薩摩藩、佐賀藩が出展したんだけど、ヨーロッパに空前の日本ブームが訪れるんだ。いわゆる「ジャポニズム」の始まりだね。

ページトップへ戻る